徳島県のご当地人気グルメまとめ【名物や県外の方に喜ばれるお土産】

ご当地グルメ




こんにちは、盛田屋(@aicooo__n)です。

徳島県てそもそもどこ?徳之島??
と言われる超マイナーなところですが、その徳島県にも美味しいご当地グルメがあります!

今回はご当地グルメやあまり知られていないお土産も紹介致します。

 

スポンサーリンク

徳島県の人気グルメや名物とは?

徳島県の人気グルメに当たるものは、昔はあまり無かったのですが、近年新たに色々な美味しい料理や食材が生み出され、徳島県ならではの人気グルメというものが定着しつつあります。

今、全国区になりつつあるのが徳島ラーメンです。
豚骨醤油ベースのスープに、甘辛く炊いた豚肉、そして生卵が特徴のご当地ラーメンです。

スープの味付けが濃いめなので、ラーメンをおかずとして食べる人も多く、白いご飯を一緒に注文できるようになっている店があります。
徳島ラーメンは元々、徳島のそれぞれの店で作られてきた中華そばや支那そばなので、店によってスープの味やトッピングは千差万別です。

徳島ラーメンにも種類があって、白っぽいスープや黄色っぽいスープなど、系統で分かれていて茶系と白系では全く味が違います。

徳島ラーメンには大きく分けて「茶系」「黄系」「白系」の3系統がある。戦後まもなく白系が誕生し、後に黄系・茶系と登場したといわれている。

老舗隠れた名店を紹介。徳島ラーメン<個人的に好きだからよく行くランキング>
徳島県の名物「徳島ラーメン」 県外からの観光客の方に人気ではあります。 徳島市住吉にある巽屋などは休日になると行列ができるほど。 今

 

徳島県のご当地グルメってある?

徳島県の地名の入った肉、阿波尾鶏(あわおどり)や阿波牛、阿波ポーク、海産物なら鳴門鯛など、ご当地グルメと呼ばれるものはたくさんあり、これらを使った料理は徳島市内などの各店で堪能することができます。
その中でご当地グルメか表するべきか迷う郷土料理には、そば米雑炊というものがあります。

そば米というのは、そばの実をゆでて乾燥させ皮を取り除いたもので、徳島県内ならスーパーなどで普通に売っていて、このそばの実を鶏肉などと共に炊いた雑炊が、実に味があっておいしいのです。

そば米雑炊は、私の徳島県の小中学校時代の給食のメニューに出ていた事もあり、たまに懐かしくなって食べたいときに作っています。

レシピ

各家庭で作られる郷土料理です。

そば米雑炊~徳島の郷土料理~ by サワッチー
徳島の郷土料理・そば米雑炊です。

 

そば米雑炊を食べられるお店

徳島の郷土料理をお店で食べる事もできます。

「そば米汁」なら食べられるお店(下記参照・要予約)もありますので、機会がありましたらぜひ他の徳島の新鮮な魚や料理などと共に食べてみて下さい。

飲んだ後のシメにオススメです!

魚一番 新(とといちばん あらた)

メニューなど詳しくは店舗までご確認下さい。

徳島県徳島市一番町3-9 TSBビル1F

月~日、祝日、祝前日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
17:00~24:00 ラストオーダー23:00

定休日:不定休

 

徳島県の人気土産は?

徳島ラーメンも、ご家庭で楽しめるようお土産物として販売されていますが、昔から定番のお土産物は、金長まんじゅうです。

 

感謝の気持ちを伝える「金長」
菓子名に冠する「金長」とは、かつて阿波の国に秀でた能力を持つ狸 「金長だぬき」が住んでいたとされ、その名を配したもの。
天保の時代に起きたと伝えられる阿波狸合戦において総大将として活躍した金長だぬきの感謝報恩精神を 今に受け継ぐ「金長まんじゅう」は、きっとお客様にお喜びいただける逸品です。


鳴門金時を使ったお菓子や半田そうめん、徳島県名産のスダチを使ったお菓子やお酒、竹ちくわなど、選ぶのに迷ってしまうぐらいたくさんの種類の人気お土産物があります。

もし迷って決められない方は、知る人ぞ知る隠れたお土産物「ふしめん」はいかがですか?

きしめんなどの麺類がお好きな方ならきっとお喜び頂けるはずです。
「ふしめん」は、半田そうめんの製造工程でそうめんを伸ばして切った後に棒に残ったそうめん生地なので、味も品質も保証付き、お吸い物に入れるなど用途も豊富なのです。
探せば贈答用もありますが、ほとんどの商品のパッケージは箱ではなく袋なので、改まったお土産物には不向きかもしれません。

ご自宅用、親しいご友人用としてなら袋詰めでも、色々使えて日持ちもするので良いお土産物になるでしょう。

 

まとめ

元々は農林水産業が盛んだった徳島県ですので、おいしいものは本当にたくさんあります。
グルメもお土産物も、そのほとんどが徳島市内で見つけることができます。
が、もしマイカーなどでお越しなら県西部にも足を延ばして頂くと、その土地のグルメやお土産物を発見することができますので、ぜひ「徳島県」を味わい知らない方にもご紹介下さい!

Copyrighted Image