簡単https化がまたスゴイ!WordPressテーマ「Cocoon(コクーン)」

サイト雑記





こんにちは、盛田屋(@aicooo__n)です。

先日、WordPressテーマ-カスタマイズがしやすい「Cocoon(コクーン)」に変更!

WordPressテーマ-カスタマイズがしやすい「Cocoon(コクーン)」に変更!
当サイトもSimplicity2から→Cocoon(コクーン)に変更しました! ご存知の方も多いでしょうが先日、無料Wordpressテ

の中でも紹介しましたが当サイトも「Cocoon(コクーン)」に変更しました。

少しずつカスタムをしながら、機能や仕様を見ていましたがやっぱりどれも素晴らしい!

 

例えば簡単https化機能。

MixHostサーバーの場合は、アドレスバーのURLをhttpsにするだけです。

その他のサーバーは、サーバーごとに設定方法があります。
検索エンジンで「サーバー名 SSL対応」で検索してみてください。

 

httpページを簡単https化(SSL対応)する方法
Cocoonは、簡単にhttpサイトからhttpsサイトに変更できる機能をサポートしています。SSL対応で最も危険なのはデータベース内容の置換です。Cocoonでは、データを置換することなく表示前にSSL対応されたコンテンツとして出力します。

当サイトも2/28にHTTPS・独自SSL化をしましたが実践をするまでに前調べや不安な点があったんですよね。

実践をして成功したから言えるのかも知れませんが、「Cocoon(コクーン)」の簡単https化の機能は分かりやすいので「ちょっとやってみようかな」と思う人も多いのではないかと思います。

【MixHostサーバーの場合】

サーバーでSSL対応機能を有効にするにはアドレスバーのURLをhttpsにするだけ

特にMixHost利用の方は取り組みやすいと思います、わいひらさんの説明ページを参考にしてみて下さいね。

(URLをhttpsにしてから他の設定もあります。)

補足
この「簡単SSL対応」機能の利点はこちら。
とても簡単にできる
データベースを置換する必要がないので安全
元に戻そうと思えば簡単に戻せる
難点はこちら。
ページを呼び出す事にSSL対応用の置換処理が行われる
置換処理の部分0.01~0.0001くらいはページ表示が遅くなるかもしれない

 


 

当サイトでは、ロリポップのサーバーで独自SSL化をしました。

当サイトをHTTPS・独自SSL化しました【ロリポップ】
当サイトは2/28に 盛田屋の田舎でネット暮らしをSSL化しました。 まだまだコンテンツも少なく、「失敗しても・・なんとかなる」とは思いながらも

 

Copyrighted Image