春の訪れ【いかなごのくぎ煮】歴史やレシピ・いかなごの歌とダンスって?

兵庫県神戸市




こんにちは、盛田屋(@aicooo__n)です。

兵庫県では春の訪れを知らせる風物詩、いかなご漁が毎年2月末から一カ月程度行われるそうです。

いかなごを使った郷土料理「いかなごのくぎ煮」それぞれの家庭で様々に作られています。

大好きな「いかなごのくぎ煮」

歴史やレシピ、いかなごの歌とダンスについて調べてみました!

 

スポンサーリンク

いかなご

イカナゴ(玉筋魚、鮊子 Ammodytes personatus)は、スズキ目 ワニギス亜目イカナゴ科の魚類。様々な地方名があり、稚魚は東日本で「コウナゴ(小女子)」、西日本で「シンコ(新子)」

きびなごとはちがうんですね!

 

いかなごの分布

「いかなご」自体は全国で水揚げされていますが、瀬戸内海沿岸は良質な「いかなご」が獲れる漁場で知られており、兵庫県淡路島や沿岸地域の阪神、播磨地域では郷土料理の「くぎ煮」として広く普及しています。

 

垂水や明石港では朝早く出漁して昼過ぎには店頭に魚が並ぶ昼網があり、新鮮ないかなごを求めて人々が集まります。

 

いかなごのくぎ煮

いかなごのくぎ煮とは、生の新子を醤油・砂糖(ざらめ)・生姜で煮詰めたもので、できあがりが折れた釘のように見えるためこう呼ばれています。

いかなごのくぎ煮の歴史・由来

完成品が古釘に似ていることから、「くぎ煮」と名づけられたとのこと。発祥は諸説あり、鮮魚店がお客様の要望により作り始めたという説や、神戸の網元が従業員に食べさせたのが始まりという説などがある。

 

釘のようなきれいな曲線は、新鮮ないかなごの美味しい証拠だそうです。

 

 

「くぎ煮」の発祥は諸説ありますが、まずは神戸市垂水区のジェームス山異人館街に「いかなご発祥の地」の石碑があります。さらに神戸市長田区の駒林神社にも同様の石碑があります。また、神戸市長田区の網元が「いかなご」を醤油と砂糖で煮たのが「くぎ煮」のはじまりともいわれています。

 

発祥の地の石碑があるそう

 

私がいかなごのくぎ煮を知ったきっかけ

垂水駅前のモニュメント

垂水駅前に降り立つと、【いかなごのモニュメント】があります。

初めて見た時にはなにも思わなかったのですが一緒にいた地元民が、「あれはいかなごやねんで」と。

当時いかなごが何やら知らなくて、そしてそれがどうしてモニュメントなのか分かりませんでした。地魚で有名なのかな、、

ここで兵庫県の、いかなご愛を知ることに。

徳島県で言うなら【阿波踊りのモニュメント】です。


 

それからその知人が徳島県に赴任となり、春になるとご実家から大量の【いかなごのくぎ煮】が送られてくるのです。

おすそ分けとして頂き、一緒にお酒のおつまみに食べるとこれが美味しいのなんのって。

生姜が効いていてちょっと味付けが濃い目だけど、噛めば噛むほど味わい深い!

もうその味、食感の虜です。

【いかなごのくぎ煮】は郷土料理で『おふくろの味』そんな風にも思いました。

 

一度、他で購入して食べたこともありますが、最初に食べたくぎ煮が私に合っていたのか他のものでは満足せず。。

兵庫県の家庭では基本的なレシピはあるけど、各家庭ごとに味が全く違うそうです。

ずーっと受け継がれる味。イイですね!

 

いかなごのくぎ煮レシピ

各ご家庭のレシピ

いかなごの釘煮 決定版☆ by ぴかりんぐ2009
兵庫名物、イカナゴの釘煮。家庭によって味が違うのも楽しみのうちなので、ここからお好みの味に調節してください

 

イカナゴのくぎ煮 by 明石浦漁業協同組合
くぎ煮がうまく炊けないとお悩みのあなた もっと気楽に簡単でしかも「おいしいくぎ煮」の炊き方をご紹介します!

 

新鮮ないかなごを手に入れたら作ってみたい

煮詰めているときにはかき混ぜない

焦げ付かないように火加減を慎重に!

 

春前には専用のスペースが

2月のいかなごの漁解禁前には各お店で、いかなごのくぎ煮を作るための道具などが売られていました。これも風物詩。

これを見ると私もワクワクします。

2018年、今年の解禁日は2月26日

ただ不漁予報が出ているそうなので・・・

いかなごの歌とダンス

さらに兵庫県のいかなご愛には驚かされます!

知人が垂水駅前のモニュメントを見て歌ったその歌

「いかなごGo!Go!」

幼い時に小学校やイベントで踊ったそうです。

徳島県で言うところの「狸祭り」?

 

いかなご愛

知人に【いかなごのくぎ煮】を頂いて食べてから大好きになり興味を持つこととなりました。

歌にダンスに石碑、レシピ、調べあげるくらい好きです!

ただただ兵庫県・垂水の人「いいな~」と思うばかり。

 


 

郷土料理、おふくろの味としてずっと引き継がれることと思います。

いかなご漁の前後にはお祭りのような楽しい雰囲気、私におすそ分け(笑)

四国・徳島県も海の街ですがあまり馴染みもなく出回りません。。

 

早く、いかなごのくぎ煮届かないかな~

 

ますます神戸が好きになりました!

 

 

 

 

Copyrighted Image